フォト

最近のトラックバック

« 柔整会さんへ | トップページ | 第33回福井県少年柔道大会 兼 第34回全国少年柔道大会福井県予選会 »

2014年2月17日 (月)

第7回福井県オープン少年柔道錬成大会

2月16日(日)、県立武道館にて第7回福井県オープン少年柔道錬成大会が行われました。

Cimg0612

Cimg0613

この大会は幼年から6年生までの各個人戦があり、福井県内のチーム参加だけではなく隣接する県外からの参加チームもあって、県大会の中でもレベルがかなり高い大会になっています。

去年の最後の試合から月日が経っており、それからの成長がどれだけ成長しているのか?という部分を確認するのが今回一番の目的になります。

当少年団の試合出場の子供達は、

1年生 よしき  そうた

2年生 すぐる ブレンダ わしゅう

3年生 ケンジ ともや

4年生 モリヒロ ゆみ あやこ ひでお

5年生 まこと エンヒケ

6年生 ヒロユキ

です。

さて試合の方は、小道場と大道場と分かれて6試合の会場にて行われました。

Cimg0614

Cimg0616

自分は審判で小道場の担当になっていたので1年生の試合と、午後からの大道場での審判をしながらモリヒロ、まことの試合を見る事が出来ました。

まずは1年生のよしきとそうたですが、2人共初戦で負けてしまったのですが見ていて課題として欲しかったのが組んでからすぐ技を掛ける事でした。

組んでからの攻めが少なくて相手の攻めにただ守るのが目立ちましたcoldsweats01

そして、まことの試合は相手の体と大きさが変わらずどう自分の柔道をするのか見ていましたが、姿勢が悪く攻めが少なかったですねdespair

モリヒロは、暫く少年団から離れていた時期があって今回の試合でまずはどこまで出来るのか?というのが課題でした。

試合の方は、まずまずの内容で準々決勝まで勝ち進み準決勝でライバルの一人であるH君と試合をしました。

試合を見てH君と差があるようには感じず攻める部分もあったのですが、相手の返し技にポイントにはならかったがポイントに近い倒れ方等があり、判定で負けました。

久しぶりの試合という事もあって内容自体はそこまで悪くはなかったのですが、モリヒロ本人は凄く悔しかったのか泣きながら自身の反省をしていました。

全員の試合を見る事は出来ませんでしたが、大道場で見ていた監督からは全員結果は良くなかったが試合内容で良い部分と悪い部分とがあったとお話を頂きました。

総合的に見ると、今日までの日々の稽古の成果が出ているのが分かり子供達の成長を確認出来たと思います。

うちの試合結果はモリヒロが3位入賞、わしゅうがベスト8でした。

入賞したモリヒロおめでとう!!

Cimg0617

試合後に総監督が子供達に話をされました。

3月、4月と試合が続く子供達にはとても良いお話でした。

Cimg0618

今回出来た課題と今回良かった部分を更に延ばすようにまた今週からの稽古に子供達と一緒に取り組んでいきたいと思います。

« 柔整会さんへ | トップページ | 第33回福井県少年柔道大会 兼 第34回全国少年柔道大会福井県予選会 »

各行事等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176792/55032648

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回福井県オープン少年柔道錬成大会:

« 柔整会さんへ | トップページ | 第33回福井県少年柔道大会 兼 第34回全国少年柔道大会福井県予選会 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ