フォト

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

国際ルールでの初審判

4月25日(日)、県立武道館にて高校生の試合があり国際ルールでの初審判に行ってきました。

今回、5月の少年大会より国際ルールになる中、経験を少しでも積み重ねたいという思いがあり日頃お世話になっている先生よりお誘いを頂き参加してきました。

自分は今まで講道館ルールを主に審判してきたので、正直凄く不安があり先日行われた県の審判講習会以降国際ルールについて自分なりに徹底的に勉強しました。

そして、ついに高校生の試合での初審判・・・。

この日は個人戦が行われ、自分の順番が来てまずは副審からさせて頂きました。

頭の中が真っ白で、今まで勉強してきた事が一瞬に消えるぐらい緊張しました。

そして主審をして、最後に副審。

主審を終えた頃からようやく落ち着いてなんとか冷静に審判をする事が出来ましたcoldsweats01

自分が審判していない間も、他の審判の先生方がどのように審判されておられるのか見させて頂き非常に勉強をさせて頂きました。

今回は高校生の試合で審判をしましたが、高校生だけではなく少年柔道に中学生、一般と沢山の試合があり試合する人達は一試合一試合一生懸命にしています。

その中で審判している人が、どれだけしっかり審判出来るかが問われていると思います。

国際ルールが変わる中、審判される先生方はとても大変だと思いますが自分としては少しでも経験をさせて頂き、これかも勉強していきたいと思います。

最後に、今回経験と勉強をさせて頂きました高体連の皆様本当にありがとうございました。

2010年4月25日 (日)

久しぶりに熱い練習が

昨日の少年団の練習は週3回の練習の中で一番時間が長い日。

そんな中、木曜日の練習にて集中力が出ていなくて子供達に指摘した事があったが、この部分が昨日の練習でどう生かされるのか一緒に練習しながら見させてもらった。

準備運動からの子供達の取り組みから見たが、キャプテンのよしのりを筆頭にまずまずの感じで補強運動も見ていると一人一人の行いをみんなが意識し、今までの中でたぶん早いスピードで準備運動と補強運動が出来たのではと思う。

そして休憩をはさみ打ち込みから練習して順番に練習をこなしていき最後の乱取りをしようと時間見ると、見てびっくりsign02

時間がかなり余っているgood

練習に中学生に高校生、一般の人達も沢山いたので一緒に時間ある限り乱取りを沢山しました。

木曜日に少なくした分も補えるぐらい熱い練習が出来て、子供達も汗がびっしょりhappy01

乱取りの後にもトレーニングもしましたが、集中力を欠かせず無事に練習終了scissors

私も一緒に混じりいい練習が出来ました。

子供達の意識の部分や気持ちの一つでとても熱い練習が出来ると思います。

子供達自身も、その部分を肌で感じてくれたと思う。

この熱い練習がいつも出来るように指導していきたいです。

2010年4月23日 (金)

集中力

昨日の少年団の練習では、、最初の準備運動からの子供達の取り組みを見ていて子供達全員が集中した内容ではなかった。

特に低学年の子供達が集中力が欠けていていつ怪我するのか心配で見ていた。

そして、それを見て注意する高学年だが注意する仕方を見ていると、あまりいいやり方ではない・・・。

そこで、準備運動等を終えた後に子供達に悪い部分を説明し自分達で取り組んでいる練習なのでもっと意識するように話をした。

その話の後の打ち込みの練習を見ていても私が担当していた4年生以上の子供達の中でも4年生全員が打ち込みの1本1本に力がなくただしているという感じでチーム全体にその影響があってはいけないので、全員集めてほとんどの子がある技の打ち込みするのでその技について再確認を踏まえて技の指導をした。

そして、集中力を出させる為にその指導の後に投げ込みをさせたのだが、最初はやはり力強さがなかったのだが数をこなしているうちに1本1本にしっかりした技で力強さがあった。

それを見て負けられない気持ちが出たのか全員がいい投げ込みをしていたhappy01

最後に数を少なめにした乱取りをしたのだが、練習の終わりまで集中した練習が出来ました。

子供達には波がありその日その日で子供達の状態が違うと思うがせっかく自分自身の為に取り組んでいるこの柔道にどんなに小さい事でも一生懸命取り組む大切さをしっかり伝えていきたい。

2010年4月17日 (土)

南越地区会昇級審査会及び合同練習

4月17日(土)、越前市武道館にて南越地区会及び合同練習会が行われました。

Cimg0273

新年度として第1回目の昇級審査会と合同練習で沢山の子供達が集まりました。

ルールの改正により、これからは講道館柔道試合審判規定・少年規定から国際柔道試合審判規定・少年規定(少年大会申し合わせ事項)において試合が行われます。

今回の昇級審査会では、県の中でいち早く国際柔道試合審判規定・少年規定(少年大会申し合わせ事項)にて行いました。

それにともなって、今回は昇級審査会の前に審判長の八本木先生より参加している先生方を始め子供達全員に今回のルール改正での説明がありました。

Cimg0277 Cimg0279

足取りや場内外の説明等色々な内容の説明がありましたが、子供の反応は???だったかも知れませんcoldsweats01

高校生達は普段の試合でルールが分かっていますが、中学生以下の子供達は講道館ルールでの試合が主だった為、難しかったかも知れませんねsweat01

そんな中で昇級審査会がスタート・・・。

自分も正直今回が国際ルールが初めてだったので、審判以外の仕事があった為になかなか審判が出来ませんでしたが、出来る限り審判しましたが今までの講道館ルールが頭に残っているので頭の中にルールが2つある状態で緊張の連続でしたcoldsweats02

他の審判の先生も国際ルールを確認しながらの審判だったと思います。

うちの子供達の試合ですが、審判と準備等でなかなか見てあげれませんでしたが他の先生から子供の活躍を沢山聞き嬉しい内容でしたscissors

Cimg0281

参加している他の子供達も国際ルールの中で自分の柔道をしていて見ていて良かったと思います。

昇級審査会もなんとか無事に終わり、次は南越地区にある各中学校から高校までの生徒達と一般の人達で合同練習をしました。

Cimg0282

この合同練習は昇級審査会後にある練習で、参加している子供達がお互いに切磋琢磨しあいみんなで成長していく為にあります。

そして私個人は、この合同練習を一番楽しみにしていますheart04

今回は寝技乱取り→打ち込み→本立ち乱取りの順番で時間ある限り練習しました。

Cimg0283 Cimg0286 Cimg0287

練習している子供達に少し元気がなくかけ声が少ない感じでしたが、参加している子供達一人一人が楽しくいい練習が出来たと思いますgood

最後に今回の昇級審査会では、審判される先生から試合する子供達までいろんな面で大変な思いをしたと思います。

しかし、5月9日に行われる全国学年別の県予選会から国際ルールで試合をする事が決まっており試合時間や特にルールでは足取りについて少年規定(少年大会申し合わせ事項)により1回目が「口頭注意」、2回目「反則負け」となっており、これからは柔道に関わる人達全てが対応していかなくてはいけません。

そんな中で少年柔道に関わる一人として、子供達にしっかり指導していきたいと思います。

2010年4月16日 (金)

考える力

昨日の練習にて、ある2人の子を注目した。

まずは、4年生のひろき。

昨日は人数の関係もあり身体の大きいひろきを高学年のクラスで練習をさせたのだが打ち込みの時に何故かいつもより良い打ち込みをしていた。

そこで、ひろきに少しアドバイスをあげて再度打ち込みをさせると更に良い打ち込みがhappy01

暫く何も言わず黙って見ていると、高学年の子供達の打ち込みを見たり分からない所を聞いていた。

そして、もう一人はキャプテンよしのり。

乱取りの時に、私と練習する際ケンカ4つの組み手の為になかなか思うように攻める事が出来ずただ組んでいる柔道をしていたので、ここでも少しアドバイスをあげて再度乱取り。

すると、動きが全然変わり自分の柔道が出来ていて練習を楽しく取り組んでいる部分が見れたscissors

その後の他の相手の乱取りでも自分からの動きが確かにあった。

この2人の共通点を考えると、自分で考えて取り組む姿勢があったと思う。

最初から最後まで教えて指導する事も大事だが、子供達に自ら考えて取り組む力を備えさせてあげる事で2倍にも3倍にも楽しく取り組む事が出来るのではと感じている。

「自分の柔道をする」の基本は、自分で考える力だと思う。

子供達にもっとその大事な部分を伝えていきたいと思う。

2010年4月12日 (月)

福井県講道館審判講習会

4月11日(日)、県立武道館にて講道館講習会及び審判講習会があり講師として藤原敬生先生にお越し頂き行われました。

Cimg0256 Cimg0257

今回は改正による新国際ルールについて講習会がありました。

去年のこの同じ時期に行われた講習会より参加された先生が多く新ルールを少しでも熟知したいという気持ちが凄く伝わりました。

始めに、藤原先生より国際ルールが何故頻繁に改正されるのか?という事を話して頂きました。

その話を聞いて、まだ国際ルールに馴れていない私には大変勉強になりました。

そのお話の後は国際柔道試合審判規定の主な注意事項、ジェスチャーの仕方、新ルールに盛り込まれた足取りの反則においてするジェスチャーの仕方を教えて頂きました。

その他にも、「待て」のかけ方にコンタクトの対応、負傷した選手についての対応等細かい部分までのお話があり頭の中にしっかり入れさせて頂きました。

特に、「待て」に関しては極力かけず選手の力を出しやすいようにする事とありました。

その後には私達が関わる少年規定についてもお話があり大変勉強になりました。

休憩を挟んで、ここからは用意して下さったDVDを見ながら新ルールによる足取りの講義。

実際DVD見ながらお話を聞き知識不足の私には、足取りの反則での判断が難しい事が分かりました。

Cimg0258

お昼休憩後は、大道場にて実技を主にした講習会がありました。

まずは服装検査によるお話がありました。

測定器の使い方や服装検査の仕方も初めての事で、全然分からない私には知る事が出来て良かったと思います。

Cimg0263 

そして最後に場内外の審判の判断とジェスチャーの仕方を教わりました。

藤原先生の直接指導のもと、参加された先生が選手のいろんな動きで足取りや他の反則等のジェスチャー等をやりました。

Cimg0265 Cimg0268

周りから見ていても、何故だろう?と疑問に思ったり、そうなんだと納得したりで新ルールによる難しさを改めて知りました。

藤原先生からもお話がありましたが、副審の存在の大切さを知り主審だけではなく3人の審判で試合を司る事が大事だという事を学ぶ事が出来ました。

最後のこの講習の時には、藤原先生からのツッコミもあり非常に楽しく出来ましたhappy01

今回この講習会に参加させて頂いて、これからも更に審判の勉強をしていかないと駄目だという事が分かりました。

足取り、場内外の事等非常に難しい判断が問われる新国際柔道試合審判規定ですが勉強をしっかりして試合する人が全力で力が出せるように審判をしたいと思います。

今回この講習会に講師として来て頂いた藤原先生、そして素晴らしい講習会を開催してくださった県柔道連盟の皆様本当にありがとうございました。

2010年4月 9日 (金)

受けの部分を見て

昨日は少年団の練習日。

チーム全員が進級して、少年団の子にOBの子(中学生)等沢山練習に来てくれましたhappy01

そして、私は今回久しぶりに新4年生以下の子供達を指導した。

練習していて少し気になる所があった。

それは新4年生以下の子供達の中には柔道初めて間がない子もいるのだが、その子達の打ち込みで取りの部分はいいのだが、受けの部分で投げられる時に足を出したり取りの背中に手をつけたりと投げられるのを怖がっているのが見られた。

とりあえず打ち込みをしてから休憩をはさんで、私が投げ込みで子供達を投げてあげる練習をした。

そして、子供達には全身に力を抜き腹だけ出させて立つ事を意識させた。

最初はやはり怖がって力を入れたり受け身が出来てなかったのだが、この受けの部分がしっかりしないといけないのを説明してからすると、みんながしっかり立った状態から受けが出来ていたscissors

何回も投げてあげると楽しそうに受けをしていて、いい取り組みだったと思う。

受けがしっかり出来れば打ち込みももっと楽しくなるだろう。

一つ一つ大事な部分を学んでいって欲しいと思う。

2010年4月 2日 (金)

良い影響が

昨日の少年団は立ち技の練習日。

昨日は色々あって練習時間に遅れてしまい武道館に入ると子供達が準備運動と補強運動の最中だった。

そして、暫く子供達の練習の取り組みを見ていたのだがここでいつもと違う部分を見る事が出来た。

それは、新4年生以下の子供達の練習に対する取り組み方だった。

いつもだと練習中はどうしても集中出来ずふざけたり遊んだりと練習をしっかり出来なくて取り組みに不安を感じていたのだが、先週の練習から新4年生以下一人一人の気持ちの部分が良かったhappy01

この部分が少しずつ見られるようになったのは3月21日にあった合同練習以降でした。

この合同練習では、当少年団として初めて全学年が合同練習に参加した時で新4年生以下の子供達がどのように感じたかという部分を私自身思っていたのだが、その合同練習以降の日々の練習にて少しずつ出てきたという事で子供達の精神面の部分で一つの成長が出来たのでは思う。

子供達の成長の中で気持ち・精神面を育ててあげるのは非常に難しいと思う。

うちの子供達は、3月の合同練習が今回の成長へのキッカケになったみたいです。

子供達自身が一番感じていると思うので、これからの成長が更に楽しみです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ