フォト

最近のトラックバック

« 最近思う事 | トップページ | 明日の試合について »

2010年2月12日 (金)

講道館講習会

2月11日(祝日)、東京の講道館にて第16回講道館講習会が行われ県の少年部の先生方に同行させて頂き行って来ました。

Cimg0172_4   

去年から県の少年部の先生方と一緒に講道館の講習会に行き、今回も東京に向かっている最中で先生方達と楽しい柔道談義で盛り上がりながらあっという間に講道館に着きましたhappy01

最初の講師は、嘉納名誉館長で嘉納治五郎先生の出生や生い立ち、どのように柔道が生まれたのか?そして柔道にどう関わってこられたのか?というお話をして頂きました。

Cimg0176

そして、嘉納先生がある時にプロレスラーに試合を挑まれた時に相手の頭を支えて綺麗に投げた事や、大正5年に教育に関して思われた事を漢文に表した文章の事もお話がありなかなか聞く事が出来ないお話が聞けてとても勉強になりました。

次に、大迫先生が講師で先生が中学から柔道を始めてから今日までどのように来られたかのお話と合わして、今先生が各地の試合や練習等を見られて現在の少年柔道等に関する問題点についてお話がありました。

Cimg0183

その中には、現在よく見られる組んですぐ一本背負いを掛けそればかりで試合時間が終わる事や、大きい選手が釣り手で背部や奥襟等を掴み襟を持って柔道をしない為、払い腰や巻き込み技しか掛けられない等がありました。

特に、このお話で襟を持たないので連絡技が出来ず襟を持っての柔道がなくなっているとの事でした。

そして、ある練習で子供達を見ている時に子供達に同じ事を何回も伝えるのだがいつも忘れてしまうという事があったそうです。

それらを見られて、人の話を聞く事や自分で考える能力を身に付ける事が必要で、基本と意識付けを大事にして欲しいと言われました。

この大迫先生のお話をお聞きして改めて少年柔道に関わる者として、子供達にどのように接していくべきか?という事を考えさせられ大変勉強になりました。

ここで、お昼休憩になり午後からは平野先生による審判講習会。

Cimg0188

今回は、少年規定と国際柔道の新ルールを中心に資料に基づいて説明がありました。

Cimg0191

そして、先生より細かい説明があった後に質問時間があり、全国から参加された先生方が日頃思われている事を質問され勉強熱心な姿が見られました。

熱い質問と説明であっという間に講習会が終了し一日の講習会が終わりましたscissors

今回も去年に引き続き講道館の講習会に参加しましたがとても充実した時間を過ごし、来た甲斐がありました。

今年は、特に去年の参加人数より遥かに多い参加者がおられ講習会の存在の高さを改めて知る事が出来ました。

来年も参加出来るのなら参加したいと思います。

最後に、参加する際にお世話になりました県の少年部の先生方ありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。これからも宜しくお願いします。

« 最近思う事 | トップページ | 明日の試合について »

各行事等」カテゴリの記事

コメント

講習、お疲れ様でした。
審判として未熟な自分としてはこうした講習会には
是非とも参加して日頃疑問に思う点についてなど
勉強したいと思っているところですが・・・
こうした講習がもっと県や地区のレベルで
増えてきてくれればと願うのですが難しいですね・・

猫じゃらし先生コメントありがとうございます。

自分自身も未熟でまだまだ勉強しないとと思い日々勉強していますが、去年と今回と2回講道館での講習会はとても勉強になりました。

私も先生と同様情報を共有していく為にも県や地区でも講習会があればと思っています。

確かに色々とあり難しいですが、子供達の為、そして試合する人の為にも審判している人は日々勉強すべきだと思っています。

お互いにこれからも頑張りましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176792/33346248

この記事へのトラックバック一覧です: 講道館講習会:

« 最近思う事 | トップページ | 明日の試合について »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ